股関節痛の多くは、臀部筋(お尻の筋肉)の緊張がとれないことが原因のようです。仰向けになって脚部を動かした場合に痛みがあるのでしたら、大腿前面部の筋肉疲労の蓄積が考えられます。

走っている時に膝や足首が外側をむいている感覚があったら、臀部筋の緊張が強くなっており、そこをかばうために無意識に大腿前面部の筋肉にも力が入っていると考えられます。通常のランニングフォームが疲労によって変化し、余分な筋肉を使ってしまう場合もあります。

これらの対策としては、筋力を強化するよりも、臀部筋を十分にストレッチすることがオススメです。とくに、入浴後~就寝時の間に行うことをお薦めします。なお、ストレッチは無理に強い強度で行う必要はありません。徐々に慣らすようにしてください。

筋肉疲労の蓄積対策には、「アスタキサンチン」を補給すると良いと思います。「アスタキサンチン」には心身の疲労の蓄積を予防する効果のほか、睡眠など体のリズムを整える働きもありますので、運動をしない日も含め毎日朝晩の食事といっしょに摂取して下さい。数週間で、疲労の蓄積が和らいでくると思います。
M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)


▼関連情報

  1. 故障期に行うべきこと、補うべき栄養は?
  2. アスリートは関節痛になりやすい?
  3. 夏ばて・夏太り解消と体重管理
  4. 成長期のアスリートが配慮すべきことは?
  5. 一重項酸素と疲労、アスタキサンチンの関係