減量の理想的なタイミングは、シーズンに入る前に身体を競技に対応できる身体を造り上げておくことです。しかし、シーズンインに間に合わなかった人や、太りやすい体質の人もいますね。筋肉を維持し、余分な脂肪を落とすには、摂取エネルギーを減らすことと、適切なトレーニングの二本立てが必須です。

減量時は、食事の回数を増やし、野菜類をできるだけたくさん食べましょう。簡易なダイエット食品だけで済ますのは、感心できません。それらはあくまで、一般の人向けの栄養組成になっています。アスリートらしい身体を作るには、脂肪分の少ない良質のたんぱく質と炭水化物が必要です。

現在の体脂肪率、そして、競技にもよりますが、減量は3週間以上かけて行わなければなりません。身体を絞り込むのと並行して、必要な個所に筋肉をつける強化・補強運動を行って行くのが身体造りの基本です。

ちなみに陸上競技選手の場合、日本代表クラスの競技別体脂肪率は、男子が11~12%、女子が12~14%程度です。しかし、個人差が大きく、それぞれの選手に合った体脂肪率がありますので、これは、あくまで目安です。主に身長や骨の太さなどに依存するようです。


▼関連情報

  1. アスリートの適正なエネルギー摂取量は?
  2. 競技力向上に役立つ栄養は?
  3. アスリートの体力増強に必要な栄養は?
  4. 成長期のアスリートが配慮すべきことは?
  5. 筋肉がつきやすく体重増が心配なアスリートの食事は?