シニアアスリートの肉離れは、年齢から来るものも当然あります。しかし、自己管理によって選手寿命の延長を図ることは可能です。

栄養面からのサポートとしては、肉体疲労の根源でもある「活性酸素」対策を平素から行うことで、疲労の蓄積を極力抑え、結果的に故障しにくい身体を造ることができます。そのために最適なのが、「アスタキサンチン」です。毎日朝晩の食事とともに、3~6mgずつお摂り頂くと良いと思います。

肉離れは、「疲労の蓄積」、「ウォーミングアップ不足」などにより、筋肉温度が充分に高まる前に激しい運動を行って起こすことが多いため、ウォーミングアップには、しっかりと時間をかけることが必須です。特に、腿を中心としたストレッチと、膝を前に出す運動を入念に行ってください。

練習や試合日などは、運動後に「リカバー」を1包お摂り頂くと良いと思います。「M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)」で「疲労の蓄積」を抑え、「M&K エイムサプリメント リカバー(L-グルタミン・タウリン・コエンザイムQ10配合) (1包)」で「疲労の回復」を早めるというセットでお考えください。

なお、お食事の内容にもよりますが、運動日に「プロテイン」を摂って頂くのも良いと思います。価格が比較的安い、大豆プロテインで充分です。

また、痙攣や脚が攣るといったトラブルが気になる場合には、ミネラル、特にカルシウム、マグネシウム、そして亜鉛が重要です。シニアの場合、高血圧の薬などを飲んでいる方も多いことと思います。薬によっては、成分の吸収を抑える作用があったりしますので、医師に相談のうえ、利用されると良いでしょう。


▼関連情報

  1. 筋肉のメンテナンスに役立つ成分は?
  2. ハムストリングスの肉離れを防ぐには?
  3. レース中、足がパンパンになり動かなくなるのですが?
  4. ジュニアアスリートが疲労を軽くするために必要な栄養は?
  5. こむらがえりはなぜ起こる?