冬季のトレーニングは、翌シーズンを乗り切るパワーを蓄積するために不可欠です。冬に培った基礎体力を生かして実力を発揮するには、ハードな走り込みや筋力トレーニングによって蓄積した疲労をためずに、毎日解消しておくことが基本です。しかし、練習の質と量が高まるにつれ、疲労の解消に苦心することも多いと思います。

実際、せっかく長く辛い冬季練習に励んでも、過労のせいで故障する、あるいは貧血のような慢性疾患に悩まされるなど、シーズンに入っても体調が上向かずに実力を発揮できないアスリートも少なくありません。試合でベストパフォーマンスを行うには、日ごろから偏食せずに十分な栄養を摂り、良質な睡眠と身体のメンテナンスで体調を管理しましょう。

ストレスや疲労をためずに質の高いトレーニングを行なうためには、アスタキサンチンやポリフェノール、ビタミン類など、疲労の原因となる物質(過酸化脂質など)と闘う成分を補給することが重要です。アスタキサンチンは、美容や老化対策だけでなく、スポーツ界でもその効果が実証され愛用者が増えている、天然の機能性成分です。
M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)

疲れを解消するには、眠りの質も大事です。おすすめの食材は、エビやホタテ、イカ、カニなどの魚介類です。これらに多く含まれるグリシンという成分には、快眠や美容や血流改善などの効果があることが実証されています。


▼関連情報

  1. 成長期のアスリートが配慮すべきことは?
  2. 故障期に行うべきこと、補うべき栄養は?
  3. できるだけ早く疲労を回復したい!
  4. 中学生(短距離)の筋力増強にサプリは必要?
  5. なかなか筋肉がつかない原因は?