気温や湿度が高い時期は、いつも以上にストレスや疲労を感じるもの。これらの蓄積を予防するには、抗酸化機能を持つ成分(活性酸素を消去するアスタキサンチンやポリフェノール、ビタミンCなど)を補給することが重要です。

野菜類は、できるだけたくさん食べましょう。赤・オレンジ・緑・黄・黒など、彩り豊かに揃えることも心掛けてください。ミックスベジタブルなど、いろいろな種類の入った冷凍野菜を常備しておくと便利だと思います。

近年の野菜類は『旬』がなく、1年中食べることができますが、含んでいる栄養素の量が以前と比べて減っているのも事実です。不足する栄養素は、サプリメントで補給することになります。

筋肉疲労には特に「アスタキサンチン」がお勧めです。体調を整える効果もありますので、運動をしない日も含め毎日朝晩に摂取して下さい。数週間で、疲労感が和らいでくると思います。特に負荷の大きいトレーニングを行っているときや、試合が立て込んでいる期間は、アスタキサンチンを推奨量(6㎎)の1.5~2倍に増やすと良いでしょう。
M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)

トレーニング後にハリや筋肉痛が気になる場合は、運動直後や睡眠前にグルタミンを補給し、普段の1.5倍程度の水分を摂りましょう。水分は、血液中のアミノ酸濃度が上昇するのを抑え、血液ドロドロ状態にならないように予防する効果があります。その結果、ミネラルなどの栄養素が全身に行きわたりやすくなり、故障や痙攣などの予防にも役立ちます。
M&K エイムサプリメント リカバー(L-グルタミン・タウリン・コエンザイムQ10配合) (1包)


▼関連情報

  1. 筋肉のメンテナンスに役立つ成分は?
  2. 成長期のアスリートが配慮すべきことは?
  3. ハムストリングスの肉離れを防ぐには?
  4. 故障期に行うべきこと、補うべき栄養は?
  5. 中学生スプリンターが心がけるべきことは?