夏の間、涼しいところで合宿をしている人もいれば、猛暑のなかトレーニングに励んでいる方もいることでしょう。今年は梅雨明けしたとたん、厳しい暑さが続いていますが、皆さんのお住まいの地域はいかがですか?

さて、アスリートにとって夏は、秋シーズンに向けた大事な期間です。暑いからと、怠けてはいられませんね。気温の高い時間帯を避けたり、日差しを遮る工夫をするなど、なるべく身体に負担にかけないよう工夫をしましょう。

夏のトレーニングでは、前半シーズンで消耗した筋力を回復させつつ、追い込み練習や基本技術の見直しなどが重要な課題となります。

記録更新のためには、筋力の補強や瞬発力向上などを目指すため効率的なメニューを組み、シーズンを通して闘い抜くための基礎体力を身につけることも望まれます。瞬発力向上のためには、クレアチンの補給が役立ちます。
M&K エイムサプリメント ヴィクトリー(グルタミン・クレアチン配合)

残念ながら前半シーズン中に故障してしまったという方は、その原因(準備や休養不足、競技力不足、栄養のアンバランスなど)を見極め、しっかり治癒させることが先決です。もちろん、ハードな夏期トレーニングをこなすには、栄養面からの疲労対策も重要です。

故障の予防にはカルシウムとマグネシウムが役立ちます。カルシウムは人体に最も多く含まれるミネラルですが、日本の土壌にはカルシウムが乏しいこともあり、食事だけでは不足しがちです。不足するとケガが治りにくくなったり、神経や筋内の働きを正常に保てなくなり足がつりやすくなったり、といったことが起こりやすくなります。


▼関連情報

  1. ハムストリングスの肉離れを防ぐには?
  2. 成長期のアスリートが配慮すべきことは?
  3. サッカー選手が摂るべき栄養は?
  4. アスリートの体力増強に必要な栄養は?
  5. 競技力向上に役立つ栄養は?