激しい運動をすると、活性酸素の産生量が安静時(呼吸によって身体に取り込まれた酸素の2~3%が活性酸素に変化)の数倍になります。

活性酸素の寿命はとても短く、すぐに安全な酸素や水になるのですが、一部は身体の細胞を酸化します。油を何度も使っていると、透明だったのがだんだん褐色になっていきますよね。それと同じように、体内の脂質も酸化するのです。酸化した脂質は一種の老廃物ですから、体外に排出されるまでは邪魔な存在です。

例えばマラソン中では、走っている最中に、身体の脂質がどんどん酸化していきます。しかし、運動前にアスタキサンチンを体内に蓄えておくと、細胞の酸化によるダメージが軽減されます。このことは、体感的には『疲労』しにくい、あるいは『持久力』がついた、と感じられるケースが多いようです。

疲労に関する成分としては、主に次の3つがあげられます。

  1. アスタキサンチン…全身の疲労予防
  2. ビタミンB群………全身の疲労回復
  3. グルタミン…………筋肉組織の超回復

これらを上手に組み合わせて摂ると良いでしょう。

「グルタミン」は運動の2時間前に、「アスタキサンチン」は通常時は朝食と夕食時に3mg(1粒)ずつ、激しいトレーニング時やレースの2~3日前には6mg(2粒)ずつに増量するのがお勧めです。

M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)

M&K エイムサプリメント リカバー(L-グルタミン・タウリン・コエンザイムQ10)

M&K エイムサプリメント ヴィクトリー(グルタミン・クレアチン)

M&K エイムサプリメント スタミナ(グルタミン・BCAA・アンセリン)


▼関連情報

  1. ハムストリングスの肉離れを防ぐには?
  2. 試合に向けての食事法
  3. 成長期のアスリートが配慮すべきことは?
  4. アスリートの体力増強に必要な栄養は?
  5. 筋肉のメンテナンスに役立つ成分は?