ビタミンは大きく脂溶性と水溶性の2種類に分けられます。

どのビタミンも、摂取不足によって欠乏症を起こします。反対に、多く摂った場合、水溶性ビタミン(B群、C)は尿から排泄されますが、脂溶性ビタミン(A、D、E、K)は体内に蓄積されやすいため気をつけましょう。

ビタミンAを多く含むのは、ウナギやレバー、卵黄、バターなどです。成長を促す働きをもち、不足すると粘膜や皮膚の健康が損なわれたり、細菌感染に対する抵抗力が低下します。欠乏症は、粘夜盲症、角膜軟化症、眼球乾燥症などです。β-カロテンなど、動物体内においてビタミンAに変換されるものをプロビタミンAと総称します。

ビタミンDは体内で一部合成されるほか、きのこや酵母などから摂取できます。肝臓と腎臓で変換されて活性型ビタミンDとなり、カルシウムとリンの吸収を促進したり、骨組織やカルシウムの代謝に関与します。

ビタミンEは小麦胚芽、ダイズ油、ぬか油など植物に多く含まれ、抗酸化作用を持っています。ヒトでの欠乏症は確認されていません。

ビタミンKは欠乏すると、出血しやすくなったり、血液が固まりにくくなったりします。カルシウム代謝にも関与していて、骨や歯の形成に関わっています。カリフラワーやほうれん草、トマト、納豆などに多く、腸内細菌からも合成されるため、成人では通常欠乏症は見られません。

健やかな成長と健康の維持のためには、どのビタミンも欠かせません。バランス良く摂りましょう。
M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)


▼関連情報

  1. ニキビ対策に役立つ栄養は?
  2. 身長を伸ばすための栄養と摂取タイミングは?
  3. シーズンインに向けての疲労対策は?
  4. アスタキサンチンで眼精疲労が改善?
  5. 故障期に行うべきこと、補うべき栄養は?