駅伝・マラソンなどロードレースの時期に突入しました。一般ランナーは、様々なトレーニングを行って、持久力を高める努力を払っています。

大会等の出場を目標とするならば、持久力の向上に加え、スピードレベルをあげる能力も培う必要があります。そのためには、基礎スピードの向上が必須になってきます。

例えば、4分/kmのペースで10kmを40分で走っていたランナーが35分で走ることを目標に立てたとすると、1kmつき30秒タイムを短縮する必要があります。これまで、3分半/kmのペースでは4kmしか走れなかった選手が、10kmを走り切るランニング能力を身につけなければなりません。ハイペースで走りながら少しずつ距離を延ばすトレーニングをし、また、最後まで粘り切るスタミナ練習、一歩進んだペース走、インターバル練習などを行っていくことになります。

日体大 長距離・駅伝必見DVD & 瞬発力向上サプリ(グルタミン・クレアチン)

このように、ランニング能力を高めるためには、今までと比較してより負荷が身体にかかる練習が必要になります。そのために、摂取する栄養も異なってくる訳です。

最低限、アスタキサンチンやポリフェノール、ビタミンCなど、活性酸素を消去する成分が必須です。疲労をすみやかに解消できなければ、トレーニングが続かないからです。
M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)

また、筋肉の回復を早めるためには、グルタミンやビタミンB群なども必要です。タンパク質の比率を下げ、炭水化物のパーセンテージを上げる(グリコーゲンローディング)など、食事面でも工夫をする必要がありますね。

M&K エイムサプリメント スタミナ(グルタミン・BCAA・アンセリン)

M&K エイムサプリメント リカバー(L-グルタミン・タウリン・コエンザイムQ10)


▼関連情報

  1. 成長期のアスリートが配慮すべきことは?
  2. 運動中のストレスやダメージを防ぐための栄養は?
  3. 長距離種目の疲労対策と栄養補給は?
  4. 中学生スプリンターが心がけるべきことは?
  5. アスリートの体力増強に必要な栄養は?