強い日差しを浴びると活性酸素が発生します。一概に活性酸素といっても1種類ではなく、通常はスーパーオキシド、過酸化水素、ヒドロキシルラジカルおよび一重項酸素の4つを指します。それぞれ大変重要な分子種なのですが、特に太陽光線と密接に関係するのが「一重項酸素」です。アスタキサンチンの特徴的な作用は、非常に反応性が高い「一重項酸素」を消去する働きです。

一重項酸素(1O2)は、フリーラジカルではありません。化学的に言うと、軌道上の単独の不対電子を持ちません。単独の不対電子を持つものをフリーラジカルといいます。活性酸素の中では、スーパーオキシドとヒドロキシルラジカルがフリーラジカル種で、活性酸素ラジカルと呼ばれることもあります。

一重項酸素は、身体の中でも特に酸素が豊富にある組織や細胞(皮膚や肺、好中球、リンパ球など)で発生しやすく、脂質やたんぱく質などを酸化して過酸化脂質などを生成し、疲労や各種疾病の原因となります。空になった電子軌道が電子を求めることにより、強い酸化力を持ちます。

一方、アスタキサンチンは一重項酸素を効率よく普通の状態の酸素に戻し、無毒化(結果、脂質などの過酸化を抑制)します。この作用は普通、『(活性酸素を)消去する』という言葉で表現します。

M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)


▼関連情報

  1. 活性酸素とラジカル種は別物です
  2. 故障期に行うべきこと、補うべき栄養は?
  3. 身体のアブラが酸化するってどういうこと?
  4. 運動は身体にいいの?悪いの?
  5. 疲労の種類と回復のための栄養は?