体重管理でお悩みのアスリートも多いと思います。一般的に食品を用いたダイエットには、以下の考え方があります。

  1. 摂取した栄養分の吸収を抑制する
  2. 身体の中の特に脂質代謝を促進する
  3. 体脂肪の燃焼を促進させる

の3つです。

1. は、「中性脂肪が気になる方へ」などと表記された特定保健用食品などのうち、食べたものの一部を吸収させない食品が該当します。

2. の代表例は、一時爆発的なブームになったカプサイシン(唐辛子の成分)です。ただし、摂りすぎは禁物です。また、「中性脂肪が気になる方へ」(特定保健用食品)の中には、脂質代謝を活性化するものもあります。

3. には、カルニチンやα-リノレン酸、フコキサンチンなどが該当します。

これらをうまく取り入れた栄養管理と運動で、減量効率がアップします。


▼関連情報

  1. 基礎代謝の多い人が効率的に体脂肪を落とすには?