朝、「さあ、起きよう!」と気持良く伸びをした途端に激痛に襲われる、そんな経験ありませんか?

ご存じのとおり物質は、冷えると硬くなる性質があります。ですから、気温が低くなってくると当然、筋肉のトラブルも起こりやすくなります。痙攣やこむらがえり、または、まぶたがピクピクしたり…。特に足の場合は相当な痛みがありますので、なんとか予防したいものですね。

その多くは、急に運動した時や、筋肉の疲労によって起こります。したがって、運動前のストレッチ、特にウォーミングアップが極めて効果的です。しっかりウォーミングアップを行うことで、肉離れなどの故障も予防できます。

運動とは関係なくひんぱんに起こる場合は、偏食、特にミネラル(特にカリウム、カルシウム、マグネシウムと亜鉛)不足が疑われます。また、疲れや冷え(血行不良)、寝不足、ストレス過多などによって誘発されることもあります。
それらに関しては、アスタキサンチンの摂取が役立ちます。

M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)


▼関連情報

  1. 筋肉のメンテナンスに役立つ成分は?
  2. シニアアスリートの故障予防、摂るべき栄養は?
  3. 記録がなかなかのびません…
  4. 故障期に行うべきこと、補うべき栄養は?
  5. シーズンオフ中の身体造りで心がけることは?