活性酸素は「悪玉酸素」などとも言われますが、活性酸素がなければ、我々は生きていけないのです!

人間は呼吸をして生きていますね。
空気中には約20%の酸素が含まれています。
息を吸って身体に取り入れた酸素のうち、2~3%が体内で活性酸素になります。

体の中でできた酸素の一部は有効に使われています。
怪我をしたり病気になった時に白血球が増えますね。実は、我々の体内に入ってきた病原体や怪我をしたときに入ってくるバイキンと戦う武器が、活性酸素なんです!

悪玉どころか活性酸素がなければ、人間はすぐに死んでしまうのです。