水分を速やかに補給したい場合は、冷たい物が適しています。それでも、飲んでから吸収するまでには15分ぐらいかかります。一方、温かい物を飲んだ場合は胃でいったん留まりますので、腸にいくまでに2時間くらいかかってしまいます。

従って、運動時の水分補給は「冷たい物を、のどが渇く前に、こまめに」が、鉄則です。
がぶ飲みはNG、運動の2時間前に400~500ml、運動の10~15分前に400~500ml、運動中は100~200mlずつが適量です。

水分を適切に補給することで、全身に速やかに酸素や栄養が補給されます。発汗により体重のたった数パーセント程度の水分が失われるだけでパフォーマンスが低下し、ケガや故障の原因ともなりえます。


▼関連情報

  1. 運動時の間食(補食)の摂り方は?
  2. 「スタミナ」「エナジー」「リカバー」の摂取タイミングは?
  3. レース中、足がパンパンになり動かなくなるのですが?
  4. 長距離種目の疲労対策と栄養補給は?
  5. 「スタミナ」と「ヴィクトリー」は併用できる?