のどに炎症(喉頭炎)が起きるとつらいですね。声がかすれたり、のどがイガイガしたりむずがゆくなるといった軽症で済めば良いのですが、炎症が重くなるにつれ、痛みや発熱、全身のけん怠感などが起こります。

原因として一般的なのは風邪などのウイルス感染ですが、声の出しすぎや花粉症などのアレルギー反応、タバコの煙など刺激物質の吸引によっても引き起こされます。

炎症を鎮めるために気をつけたいことは、

  • なるべく声を出さない(ささやくような話し方はのどへの刺激が大きく逆効果)
  • 室内の乾燥を防ぐ(のどの粘膜の乾燥を防ぐ)
  • お茶やウーロン茶でうがいをする(カテキン類などのポリフェノールが殺菌・炎症緩和)
  • 水分を多めに摂取する(のどの粘膜の乾燥を防ぐ)
  • 蒸気を吸入する(のどの粘膜の乾燥を防ぐ)
  • タバコの吸い過ぎに注意する(粘膜を刺激しないため)
  • アスタキサンチン、ポリフェノール、ビタミンB群、Cを摂る(炎症をしずめ、粘膜の回復を促す)

などです。

治癒のためには、免疫力を高めることも大事です。ストレスや疲労をすみやかに解消し、栄養と睡眠、休養をしっかりとりましょう!

M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)


▼関連情報

  1. 夏の疲労対策のポイントは?
  2. ニキビ対策に役立つ栄養は?
  3. アスタキサンチンで眼精疲労が改善?
  4. 髪や肌を美しく健康にする栄養は?
  5. サプリメントと体質・体格?