アップが不足した状態で急に身体を激しく動かすと、あらゆる筋肉の痙攣の原因になります。

さらに重要なのは、アップ不足では筋肉、特に脚部の筋肉の温度を上げることができなくなることです。すなわち、身体のそれぞれの部分で体温が異なり、血液の循環がスムーズにいかなることに起因して、筋肉に緊張が走り、痙攣を起こすことがあります。

特に冬季においてウォーミングアップは、身体を慣らすだけでなく体温を上げる面からも非常に重要です。故障予防のためにも、ぜひ念入りに行って下さい。