長時間にわたる運動時など、筋肉疲労が蓄積して足やふくらはぎに痙攣(つり)を起こしやすくなります。

筋肉疲労の原因の一つに「活性酸素」による体成分、特に脂質の過酸化を挙げることができます。これは、使用後のてんぷら油が身体に溜まっている状態を想像していただけると、解りやすかもしれません。

筋肉疲労を予防するには、平素から活性酸素を消去(害のない酸素や水に戻すこと)する効果のある成分を摂取しておく必要があります。ビタミンCやアスタキサンチン、秋ウコンに含まれるクルクミン(カレーに含まれるターメリックと同じ成分です)などがお勧めです。

M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)

運動開始前や途中のBCAAの補給により、筋肉疲労の軽減が期待できます。グルタミンとの併用でより効果が高まります。スポーツ後のBCAAとグルタミンの補給によって、傷んだ筋肉のすばやい回復、筋肉痛の軽減などが期待できます。

M&K エイムサプリメント スタミナ(グルタミン・BCAA・アンセリン)

また、疲労回復を早める成分も有効で、例えばタウリンは、予防的にも有効です。タウリンの不足も筋肉を疲れやすくさせて、運動能力の低下や足がつるという現象を起こすと言われています。タウリンは、イカ・タコ・貝類などの魚介類に多く含まれるアミノ酸の一種です。

M&K エイムサプリメント リカバー(L-グルタミン・タウリン・コエンザイムQ10)


▼関連情報

  1. 筋肉のメンテナンスに役立つ成分は?
  2. できるだけ早く疲労を回復したい!
  3. ハムストリングスの肉離れを防ぐには?
  4. 運動による疲労を防ぐには?
  5. ジュニアアスリートが疲労を軽くするために必要な栄養は?