代謝アップに役立つ食品の代表は、カプサイシン(唐辛子の主成分)です。セサミンやサラシアなども、これに該当します。

これらの成分は食事に含まれる栄養素を早く代謝させ、体内での蓄積を抑える目的で用います。体内での代謝を促進し、例えば発汗などによって老廃物を体外に出す作用を利用するわけです。

ただし、辛いものが多いので、摂り方によっては胃を痛める場合もあり、注意が必要です。食品として摂取する場合はもちろんのこと、サプリメントとして摂取する場合においても、併せて充分な水分を摂ることが重要です。なかでも、牛乳やヨーグルトはお勧めですね。

運動面からは、筋トレやダッシュなどの無酸素運動で速筋(白筋)を鍛えることです。基礎代謝が活発になり、安静時のエネルギー消費が増大しますので、体脂肪を蓄えにくい体質になれます。


▼関連情報

  1. ダイエットに役立つ食材は?