仕事でパソコン画面を1日中見ているという方も多いことでしょう。目の疲れは視力低下や充血、かすみ目、ドライアイなどだけではなく、頭痛や肩こり、腰痛、倦怠感など全身症状を伴うことも多く、非常に辛いものです。

ストレスや過労、環境など、さまざまな要因で起こり得るため特効薬はありませんが、アスタキサンチンは眼精疲労に対しても効果があると考えられます。

そのメカニズムの1つとして、アスタキサンチンの優れた活性酸素消去作用が考えられます。眼精疲労も筋肉疲労の一種なのですが、活性酸素を消去することで過酸化脂質などの疲労物質が体内にたまるのを防ぎ、筋肉疲労が予防できるというわけです。

体感を得られるまでは個人差がありますが、「飲み始めて数週間程度で楽になった」「生活は変わらないのに、疲れを感じにくくなった」などのコメントを頂いています。

デスクワーク中心で、冷え性や肩こりなどに悩んでいる方も多いと思います。アスタキサンチンには血液中の脂質の酸化を防ぐ働きがありますので、これらの改善にも役立ちます。

M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)


▼関連情報

  1. 故障期に行うべきこと、補うべき栄養は?
  2. アスタキサンチンで眼精疲労が改善?
  3. 活性酸素対策を万全にするには?
  4. 徹夜明けを乗り切るには
  5. ニキビ対策に役立つ栄養は?