首や肩の周りや肩甲骨間、胸の上部の筋肉がこると、肩こりとして体感されます。原因の一つとして考えられるのが、血行不良です。血流が良好な人は健康人でも約3割、2割の人がまあまあ、といったところだそうです。

長時間同じ姿勢でいると、どうしても血液循環が悪くなってしまいます。また、過度のストレスは血管を収縮させ、血液の流れを悪くして「こり」を引き起こします。

従って、肩こりを解消するには、ストレス発散と血流改善に役立つエクササイズとアスタキサンチンの摂取をおすすめします。痛みやツッパリを感じるところを探し、痛みを感じない程度にゆっくりストレッチ(10秒間を3回)します。

アスタキサンチンはストレス対策に役立つだけでなく、血液中に存在する脂質の過酸化を抑制し、血液ドロドロの改善に働きます。そのメカニズムは、血中に存在する中性脂肪を減らすとともに、自身が赤血球膜に結合して血液中を移動することに由来します。したがって、日常的に摂取していると肩こりだけでなく、冷え性の予防や改善効果も期待できます。

M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)


▼関連情報

  1. 髪や肌を美しく健康にする栄養は?
  2. シーズンインに向けての疲労対策は?
  3. 血液ドロドロの原因と対策は?