スプリント競技、特に100mや200mは無酸素運動中心と考えられがちです。しかし実は有酸素運動も含まれており、400mでは約40%が有酸素運動と報告されています。取り入れられる酸素の量はわずかではありますが、運動中は心臓の働きが活発になりますので、活性酸素に変換されやすく要注意!です。

通常、安静時には摂り入れた酸素の約2%が活性酸素になると言われています。しかし、激しい運動をおこなっている最中、そのパーセンテージは5~10%にまで上昇します。したがって、活性酸素による障害のリスクを下げることで、ダメージやストレスをかなり軽減することができます。

対策としては、活性酸素を消去する成分(アスタキサンチン、ポリフェノールなど)を運動前に摂取しておくことが有効です。特にアスタキサンチンは、体内で肌や肝臓などに形を変えないで輸送・蓄積され、ショートスプリントからマラソンまで効果が期待できます。
M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)

長時間にわたる運動の際はグルタミンやBCAA、アンセリン、D-リボースなどもおすすめです。活力アップと筋肉疲労の軽減、持久力向上、乳酸対策に役立ちます。
M&K エイムサプリメント スタミナ(グルタミン・BCAA・アンセリン)
M&K エイムサプリメント エナジー(D-リボース・BCAA・アルギニン)


▼関連情報

  1. 成長期のアスリートが配慮すべきことは?
  2. 試合当日のエネルギー補給は?
  3. マラソン・駅伝など長距離種目の活力源は?
  4. アスリートの体力増強に必要な栄養は?
  5. 長距離種目の疲労対策と栄養補給は?