成長ホルモン(human growth hormone,hGH)は、成長期における骨の成長(身長の伸び)を促します。通常、その分泌は睡眠中、午前1時~4時頃に最も盛んになります。

成長ホルモンの分泌を促すためには、成長期では9~9時間半の睡眠が理想的です。しかし、9時間というのは、現代の平均値(約7時間)よりかなり長いですよね。きっちりとした睡眠をとるためには、サーカディアンリズム(概日リズム、アスタキサンチンにはこのリズムを整える働きがあります)を調節することが必要になります。

加えて、適度な運動も有効です。基礎代謝を亢進し、ストレス解消に役立つほか、心地よい疲労が睡眠導入効果をもたらしてくれます。
M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)


▼関連情報

  1. 成長期のアスリートが配慮すべきことは?
  2. ニキビ対策に役立つ栄養は?
  3. ストレスを緩和して寝つきを良くするには?
  4. 髪や肌を美しく健康にする栄養は?
  5. のどの痛みを緩和するには?