試合直前やレースの合間には、通常の食事はなかなか摂れません。たとえ食べられたとしても、消化吸収には時間がかかります。

M&K エイムサプリメント エナジー(D-リボース・BCAA・アルギニン配合)

ハーフタイムやインターバルのある種目なら、D-リボースや、即、エネルギー源として利用できるブドウ糖やマルトデキストリンがおすすめです。試合の合間に2~3時間あるのならば、バナナや一口サイズの果物なども良いでしょう。
しかし、いずれの場合も、満腹状態にならないように気をつけなくてはなりません。

夏場に激しい運動を行うと、1時間当たり1500ccほど発汗しますので、運動強度や発汗量に見合った水分とミネラル(亜鉛、カルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウムなど)補給もお忘れなく!

さらに、疲れやすく持久力不足の選手は、疲労の蓄積予防のためのサプリメント(アスタキサンチンやポリフェノール)を試合の1週間ほど前から飲んでおくと良いでしょう。特にアスタキサンチンは、形を変えずに肌や肝臓などに輸送・蓄積され、ショートスプリントから長時間にわたる運動(マラソン、自転車、トライアスロン)まで、広く効果が期待できます。

M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)


▼関連情報

  1. 長距離種目の疲労対策と栄養補給は?
  2. 記録がなかなかのびません…
  3. 筋肉のメンテナンスに役立つ成分は?
  4. シーズンインに向けての疲労対策は?
  5. シーズンオフ中の身体造りで心がけることは?