激しい運動をすると身体の中で発生する活性酸素のパーセンテージが上昇します。でも、運動によって鍛えられたアスリートの身体は、活性酸素に対する抵抗力も向上します。

夏空

強い日差しを浴びると活性酸素が発生します。紫外線が最も強いのは、午前10時から午後3時までの日中、地域では海抜の高い場所です。


活性酸素は『悪玉酸素』などと気の毒な呼ばれ方をしますが、体内に入ってくる細菌やウイルスなどを攻撃する良い働きもします。ヒトをはじめすべての動物は死ぬまで活性酸素とお付き合いをし、バランスをとって生きているのです。


▼関連情報

  1. カルシウムはどのくらい摂ればいいの?