「トレーニングをしても筋肉がなかなかつかない」「貧血になりやすい」「疲れやすい」…といった悩みの原因として疑われるのは、消化器系の不調です。

消化器の働きが弱かったり消化液の分泌が少ない人は、栄養成分の吸収率が低いため、効率良く肉体改造ができないのです。それ以前に、食が細い人もいますね。とはいえ、アスリートが食事を充分摂れなくては運動時に支障が出ますので、サプリメントも積極的に活用する必要があります。効果的に運用するために、最初は栄養の専門家による指導を仰ぐのが望ましいと思います。

運動をした日は内臓も疲れます。食事は、消化しやすく、胃腸になるべく負担をかけない内容にしましょう。脂や食物繊維は控えます。消化に時間のかかる肉類ではなく、プロテインやアミノ酸をサプリメントで摂るほうが良いですね。反対に、トレーニングが休みの日にはたんぱく質食品や繊維たっぷりの食品を食べ、トレーニング日に向けてエネルギーと活力を蓄えたいものです。

睡眠の質を高めるには、アスタキサンチンの補給も役立ちます。アスタキサンチンには、体内時計を調整する働きがありますので、時差ボケのときなどにもおすすめです。
M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)


▼関連情報

  1. 肝機能と疲労の関係は?
  2. 成長期のアスリートが配慮すべきことは?
  3. シーズンインに向けての疲労対策は?
  4. 食べる量が変わらないのに体重が減ってきたのですが?
  5. 長距離種目の疲労対策と栄養補給は?