アスリートにとっての減量は、体重を軽くするだけでは充分ではありません。できるだけ筋肉を維持し、余分な脂肪を落とすこと(除脂肪体重の向上)が重要です。

食事のポイントは、量は減らしても、むしろ回数は増やすことです。身体に負担をかけないために、減量は最短でも3週間以上かけましょう。量は普段の7~8割を目安にすると無理がないでしょう。

メインとなるおかずには、脂肪分の少ないたんぱく源(牛・豚赤身、鶏もも皮なし・むね・ささ身など)を選びます。たんぱく質は、パワーとスタミナ、筋力維持のために重要です。

野菜類は、できるだけたくさん食べましょう。私は現役時代、毎食ボール一杯の千切り野菜を食べていました(笑)。野菜を多く摂ることは、満腹感を得ることと便秘の予防のために役立ちます。ミックスベジタブルなど、いろいろな種類の入った冷凍野菜を常備しておくと便利です。

視覚からの満足感も重要ですから、かさのある野菜(ブロッコリーなど)や、きのこ、こんにゃく、海藻などでボリュームアップさせ、盛り付けも工夫しましょう。


▼関連情報

  1. アスリートの適正なエネルギー摂取量は?
  2. アスリートの体力増強に必要な栄養は?
  3. 競技力向上に役立つ栄養は?
  4. 成長期のアスリートが配慮すべきことは?
  5. 夏ばて・夏太り解消と体重管理