人間の身体は約24時間周期の体内時計(概日リズム; サーカディアンリズム)によって制御されています。

体温は午前3時頃に最も低く、午後3時頃に最も高くなります。体温が下がっていく時間帯に入浴すれば体温の下降が緩やかになり、疲労物質の排泄を促すことができます。

痛み(筋肉痛や関節痛など)と疲労の軽減には、午後9時前後の入浴が効果的です。あわせて入浴後にストレッチをするのがおすすめです。足腰など、疲労を感じる部分を重点的に!あまり頑張りすぎず、痛くない強度で充分です。

さらに、毎日アスタキサンチンを補給することにより、数週間で睡眠など身体のリズムが整い、疲労の蓄積も和らいでくると思います。
M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)


▼関連情報

  1. 故障期に行うべきこと、補うべき栄養は?
  2. シーズンインに向けての疲労対策は?
  3. アスリートは関節痛になりやすい?
  4. 筋肉痛の予防に役立つ栄養成分は?
  5. ストレスを緩和して寝つきを良くするには?