ストレスや疲労が原因で、栄養の吸収が悪くなっている可能性があります。試合前後は、精神的ストレスも相当なものになります。ストレスは消化を阻害してしまいますので、なるべく胃に負担をかけない食事内容を心掛けましょう。

補いたい栄養素は、たんぱく質やアミノ酸、カルシウムです。乳製品はカルシウムの吸収率も比較的高く、おすすめです。カルシウムの吸収を促進するビタミンD3を一緒に摂りましょう。

疲れやだるさがなかなか抜けないという人は、肝臓の働きが弱っている可能性もあります。おすすめの成分は、タウリンやクルクミン(秋ウコンに多いポリフェノールの一種)、カロテノイド(アスタキサンチンなど)です。これらの成分は、併用するとより効果的です。肝機能をサポートして解毒や消化を助けるほか、過酸化脂質など疲労物質の蓄積を抑制し、持久力の向上に働きます。
M&K&山形大学100%植物サプリ ポリフェノールC90粒入(米沢産ヒメウコギ・沖縄産秋ウコン・アセロラ)
M&K エイムサプリメント リカバー(L-グルタミン・タウリン・コエンザイムQ10)


▼関連情報

  1. なかなか筋肉がつかない原因は?
  2. 肝臓の働きと代謝、スポーツ時の疲労対策
  3. 長距離種目の疲労対策と栄養補給は?
  4. 試合後の食事のポイントは?
  5. 肝機能と疲労の関係は?