スポーツの秋がやってきました!世界陸上は終了しましたが、サッカーワールドカップの予選、女子サッカーオリンピック予選もたけなわです。また、今週9日(金)からは、ニュージーランドでラグビーのワールドカップが開催されますね。意外とご存じではない方もおられますが、日本は世界ランク12位で、第1回ワールドカップから連続出場を続けています。是非とも決勝トーナメント進出を期待したいですね。

さて、観戦・応援に続き、秋は実際にスポーツを楽しむ季節でもあります。空気が乾燥してきて、汗をかいたという実感も減ってきますが、運動中は必ず汗をかいています。運動中の水分摂取は疲労度を左右し、パフォーマンスにダイレクトに影響します。

「運動中はなかなか水分をタイミング良く摂れません」という方もいらっしゃいますが、そういう方は足のツリや疲労を訴えることが多いです。失った水分と塩分を取り戻すことを意識しつつ、上手な水分補給を心掛けましょう。発汗によって損失したミネラルを補うことも大切です。特に、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄の補給を心がけてください。

補うべき水分量ですが、まず自分の発汗量を知ることが必要です。できれば、運動前後の体重を測定して下さい。運動によって失う汗は、体重の2%までを目安に。つまり、体重50kgの人なら、運動前に比べて運動後に1kg減までならセーフです。運動後に体重が多く減った場合は、水分摂取が足りないという証拠です。決して痩せたというわけではないので、誤解なきよう!!

運動前後の体重測定が無理な場合は、尿を目安にします。運動後しばらくして尿意を覚え、薄い色の量がほどほどに出た場合はOK。しかし、尿の色が濃かったり量が少ない場合、あるいは運動後しばらく尿意を感じない場合は、水分摂取が足りないと考えられます。そのような人では、血行不良(血液ドロドロ状態)を起こして筋肉が硬くなって運動障害を起こしたり、疲労がなかなか抜けないなどの体感につながります。

血液ドロドロと疲労の予防・回復のために、アスタキサンチン(1日分6~9mgを、朝晩の2回に分けて摂取)の併用も有効です。
M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)


▼関連情報

  1. レース中、足がパンパンになり動かなくなるのですが?
  2. 足がつりやすいのですが…?
  3. 試合当日のエネルギー補給は?
  4. 記録がなかなかのびません…
  5. 筋肉のメンテナンスに役立つ成分は?