花粉症の症状(クシャミ、鼻水、鼻づまり、目の痒み)は、免疫のバランスが崩れることで起きます。

体内に入ってきた花粉に対して免疫が過剰に反応すると、免疫細胞が抗体を作ります。この抗体は「ヒスタミン」などを放出し、さまざまなアレルギー反応をひき起こします。

従って、免疫のバランスを整えれば、症状が緩和できると考えられます。それに役立つのが、「ポリフェノール」です。全てのポリフェノールに効果があるわけではありませんが、例えば甜茶のポリフェノールなどは数多くの論文が報告され、効果が実証されています。

ヒトが花粉を異物としてとらえると体内でアレルギー反応が起こり、炎症の原因となって、症状はさらに悪化してしまいます。しかし、体内に充分な量のポリフェノールがある場合、ポリフェノールがヒスタミンの産生を抑えますので、症状が緩和されます。

ポリフェノールの他にも、アスタキサンチンをはじめとするカロテノイドや、抗酸化作用を持つビタミンCやビタミンEなども、活性酸素によるダメージを防いで炎症を緩和し、花粉症の症状軽減に役立ちます。
M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)

反対に控えたいのは、甘いものや動物性の蛋白質や脂肪です。また、ストレスは花粉症の症状を悪化させる一因となります。睡眠不足や疲労、ストレスをためないように心掛けましょう!


▼関連情報

  1. 試合後の食事のポイントは?
  2. 活性酸素対策を万全にするには?
  3. ニキビ対策に役立つ栄養は?
  4. 脂肪肝ですが、アスタキサンチンを摂って良いですか?
  5. 故障期に行うべきこと、補うべき栄養は?