亜鉛は、ヒトの健康と栄養維持に重要な必須微量元素(必須ミネラル)のひとつです。活性酸素の一種であるスーパーオキシドを消去することも知られ、抗疲労ミネラルに分類されることもあります。

100種類以上の酵素活性に関与し、遺伝子発現・たんぱく質合成など、細胞の成長と分化に重要な役割を担います。鉄の次に多く、生体内に約2,000mgが存在し、歯、骨、肝臓、腎臓、筋肉に多く含まれます。

亜鉛は、食事からの摂取不足や運動などの排泄による需要の増加などによって不足します。不足すると、味覚障害や皮膚炎、食欲不振などが起こることが知られています。激しい運動時には、是非とも摂取したいミネラルの一つですね。

各年齢別の亜鉛の食事摂取基準(日本人の食事摂取基準2010年版)

【亜鉛の栄養機能表示】

  • 亜鉛は、味覚を正常に保つのに必要な栄養素です。
  • 亜鉛は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
  • 亜鉛は、たんぱく質・核酸の代謝に関与して、健康の維持に役立つ栄養素です。

▼関連情報

  1. スポーツ選手にとっての亜鉛は?
  2. シーズンインに向けての疲労対策は?
  3. 試合当日のエネルギー補給は?
  4. 筋肉のメンテナンスに役立つ成分は?
  5. 長距離種目の疲労対策と栄養補給は?