ビタミンには、水に溶けるものと脂に溶けるものがあり、ビタミンC以外の水溶性ビタミンは全て、ビタミンB群に含まれます。具体的には、ビタミンB1(チアミン)、ビタミンB2(リボフラビン)、ナイアシン(ニコチン酸、ニコチン酸アミド)、パントテン酸(パントテン酸)、ビタミンB6(ピリドキシン、ピリドキサール、ピリドキサミン)、ビタミンB12(シアノコバラミン)、葉酸、ビオチンの8種類です。()内は、化合物名です。

B群はどれも、生体内において炭水化物や糖質をエネルギーに変える手助けをする機能を持っています。互いに助け合って働きますので、全てをバランスよく摂ることが大切です。待に、B1、B2、B6の三つは同時に同量を摂ることが必要で、偏って摂ると、他のB群の欠乏を引き起こす可能性もあります。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B003ITJ7PY

ダイエット中の人や消耗の激しいアスリート、紫外線を多く浴びる人は、B群の積極的な摂取が欠かせません。エネルギー供給や疲労の予防・回復、ストレス緩和、老廃物の代謝などを助けてくれます。


▼関連情報

  1. 活性酸素を消去するには?
  2. シーズンインに向けての疲労対策は?
  3. 成長期のアスリートが配慮すべきことは?
  4. 長距離種目の疲労対策と栄養補給は?
  5. ダイエット中に摂るべき栄養は?