年末年始、高校駅伝~ニューイヤー駅伝、箱根とテレビで駅伝三昧の方も多かったと思います。どのレースも面白い展開でしたね。

10日には、今年で最後となった朝日駅伝が行われ、九電工が優勝しました。福岡から小倉まで毎年成人の日に行われる伝統の大会で、次々と長距離の駅伝が廃止されていく中(どうも理由は道路規制の関係が強いようです…)、62回も頑張ってきた歴史ある大会だけに、寂しいですね。

今月私が楽しみにしているのは、次の三大会です。

◆都道府県対抗女子駅伝(2011.1.16)

都大路の男子高校駅伝と同じコースを走ります。昨年は岡山が京都の6連覇を阻みましたね。今年も登録メンバーを見ると京都・岡山・兵庫の3府県が強いようです。

  • 岡山は、一般に中村選手、浦田選手、小原選手等の天満屋勢に赤松姉妹、菅選手・岡選手の興譲館高勢が強力です。中学生はやや不安。
  • 京都は、一般が福士選手(ワコール)、木崎選手(ダイハツ)、小島選手(豊田自動織機)、西原選手・石橋選手(佛教大)と超弩級です。高校生も久馬姉妹や立命館宇治高勢がいて強力です。ここも中学生が不安。
  • 兵庫は一般が脇田選手・小林選手(豊田自動織機)、堀江選手(ノーリツ)に藪下選手(立命館大)と豪華版。高校生は池田選手・横江選手・小林選手ら須磨学園勢が勢ぞろい。兵庫の強さは中学生で、岡山・京都と比べると二人で1分以上稼ぎそうです。この3チームは最後までもつれる接戦になりそうです。
  • ◆都道府県対抗男子駅伝(2011.1.23)

    こちらは広島で行われます。今年も長野を兵庫が追いかける展開になるのでしょうか? 一般は長野、高校生は兵庫が強そうですが…。ただし一般選手のエースが走る2区間に誰が参加するかによって全く様相が異なりますね。今年は上野選手(長野)と北村選手(兵庫)が走りそうです。

    ◆大阪国際女子マラソン(2011.1.30)

    日本勢は今年も赤羽選手(ホクレン)が走ります。やっとマラソンランナーらしくなってきましたね。木崎選手(ダイハツ)も今回はいいレースができそうです。久しぶりの原選手は所属がユニバーサルエンターテインメントに変わってどのような走りを見せてくれるでしょうか? 小出監督との相性は? 私は森本選手(天満屋)に注目しています。どうも国際大会は補欠続きだったですが、そろそろ一皮むける予感がします。外国人招待選手もペトロアやザハロアを始め、強い選手が揃っていますが、今年はアフリカの選手が不在なので、是非とも日本人選手に優勝してほしいと思います。