運動が長続きしない原因としては、エネルギー切れと疲労の蓄積が考えられます。これらの予防には、D-リボースと抗疲労物質(アスタキサンチン、ビタミンB群、ポリフェノール、ビタミンC)の併用がおすすめです。

D-リボースは生体内で生合成される天然の糖類で、カラメルのような香りと、爽やかな甘みがあります。60gずつ1年間摂取し続けても副作用は見られず極めて安全な物質ですが、血糖値が気になる方は念のため、医師に相談されると良いでしょう。

D-リボースは、まず糖分、次に脂肪を分解して、エネルギー源となるATPを産生してエネルギー回復をサポートします。
疲労がきつくなってきた時にD-リボースを摂るとATPが再利用されるので、運動能力の向上、トレーニング効果アップ、乳酸値の上昇を抑制、酸化ストレスの緩和、疲労の低減、筋肉痛の緩和などに役立ちます。水に良く溶けるので、飲料や食品に混ぜて携帯しても良いでしょう。

筋肉トレーニングを行う際は上記に加え、アルギニンも摂ると良いでしょう。脂肪の代謝を促進し、筋力アップをサポートします。

M&K エイムサプリメント エナジー(D-リボース・BCAA・アルギニン)
M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)


▼関連情報

  1. 成長期のアスリートが配慮すべきことは?
  2. 筋肉に対するクレアチンの働きは?
  3. 運動中のストレスやダメージを防ぐための栄養は?
  4. 故障期に行うべきこと、補うべき栄養は?
  5. できるだけ早く疲労を回復したい!