スプリント競技でよい記録を出すためには、瞬発力を向上させることが非常に重要です。筋グリコーゲンの蓄積を図るため、炭水化物とともに、ATPの合成に寄与するクレアチンを摂ることがお勧めです。
M&K エイムサプリメント ヴィクトリー(グルタミン・クレアチン)

一方で、ハードル競技は、当然のことながら走りながら跳ぶという動作が入ってきますので、スピードを落とさないでハードルに向かう時の踏み切るポイントや高さなど技術的な要素も必要ですし、踏切の強さに係わる脚部の鍛錬など一般のスプリント競技以上にハードなものです。

トレーニングに関しては、まず走力を上げるための、筋肉の質を高めるトレーニングが必要ですね。スプリント競技やハードルに重要な筋肉は、肩周り、腹筋、背筋、大臀筋(お尻の筋肉)、大腿筋とハムストリング(太腿の前後)です。

あわせて、脚部の強化やハードルを跳ぶための技術練習が欠かせません。その結果、どうしても故障を抱える選手が多くなります。故障の予防と回復のためにはたんぱく質、なかでもコラーゲン、筋肉の材料となるBCAAやグルタミン等のアミノ酸、ビタミンC、カルシウム、さらにカルシウムの吸収を助けるビタミンDなども必要です。一般のスプリント競技者以上に気をつけましょう。
M&K エイムサプリメント リカバー(L-グルタミン・タウリン・コエンザイムQ10)
M&K エイムサプリメント スタミナ(グルタミン・BCAA・アンセリン)

運動による疲労や傷害の軽減のためには、活性酸素を消去する成分(アスタキサンチン、ポリフェノールなど)を日ごろから摂取し、体内に蓄積しておくと万全です。
M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)
M&K&山形大学100%植物サプリ ポリフェノールC90粒入(米沢産ヒメウコギ・沖縄産秋ウコン・アセロラ)


▼関連情報

  1. 中学生スプリンターが心がけるべきことは?
  2. サッカー選手が摂るべき栄養は?
  3. 故障・ケガの回復に役立つ栄養は?
  4. ハムストリングスの肉離れを防ぐには?
  5. 筋肉のメンテナンスに役立つ成分は?