一般の人よりも長時間、あるいは激しい運動をするアスリートは、当然、活性酸素の発生量が多くなります。

特に野外での運動は、太陽光線の影響もあり、活性酸素による酸化ダメージのリスクが飛躍的に大きくなります。一方で、毎日のように活性酸素による攻撃を受けているアスリートの身体は、酸化障害に対する抵抗力もつきます。また、心肺機能も発達します。

しかし、それは活性酸素によるダメージを充分に理解し、対策を立てた上でのお話です。何も対策を立てないと、身体がボロボロになる危険性もあり、競技寿命の短縮につながります。

トレーニング中や後に日陰でしっかりと休息をとること、水分を充分に補給すること、サングラスや帽子を使用することなどが重要です。あわせて、カロテノイドやポリフェノールなど、活性酸素を消去する力のある成分を摂取し、常に身体の中に有効濃度を蓄えておくことで、酸化ストレスに対するリスクを下げる必要があります。

これらの対策は疲労の蓄積を軽減し、故障発生の予防にも繋がりますし、結果的に選手寿命を長くする効果が期待できます。

M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)
M&K&山形大学100%植物サプリ ポリフェノールC90粒入(米沢産ヒメウコギ・沖縄産秋ウコン・アセロラ)


▼関連情報

  1. シーズンインに向けての疲労対策は?
  2. 故障期に行うべきこと、補うべき栄養は?
  3. できるだけ早く疲労を回復したい!
  4. 試合後の食事のポイントは?
  5. 疲労の種類と回復のための栄養は?