靭帯の損傷や捻挫の回復のためにもっとも重要な栄養素は、たんぱく質です。たんぱく質は筋肉や骨の材料となるのはもちろん、回復のために必要な酵素やホルモンの材料でもあります。故障だけでなく、切り傷や打ち身といったケガをした場合も同様です。消化・吸収を考えると、1食あたり50gまでが適量でしょう。鶏ささみなら1.5本くらいです。

靭帯や関節、アキレス腱などに故障がある時は、コラーゲンの併用がおすすめです。コラーゲンは皮や筋、骨の周りに豊富です。 痛みが強い場合は、抗炎症作用のあるアスタキサンチンやポリフェノールが緩和に役立ちます。
M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)
M&K&山形大学100%植物サプリ ポリフェノールC90粒入(米沢産ヒメウコギ・沖縄産秋ウコン・アセロラ)

そのほか、靭帯や腱など結合組織の強化に役立つビタミンC、筋肉の材料となるBCAAとグルタミン、筋肉や神経、ホルモン分泌などに重要な役割を果たすカルシウム、カルシウムの吸収を助けるビタミンDの摂取も必要です。グルタミンは激しい運動をすることによって断裂した筋繊維を速やかに回復する働きをし、またカルシウムはストレスを軽減して集中力や瞬発力を高めるだけでなく、骨密度を高めることでケガを防ぐ働きもあります。

M&K エイムサプリメント スタミナ(グルタミン・BCAA・アンセリン配合)
M&K エイムサプリメント リカバー(L-グルタミン・タウリン・コエンザイムQ10配合) (1包)

もちろん、バランスのとれた食事と休養が大事なことは言うまでもありません!


▼関連情報

  1. 中学生スプリンターが心がけるべきことは?
  2. サッカー選手が摂るべき栄養は?
  3. ハードル選手に必要なトレーニングと栄養は?
  4. できるだけ早く疲労を回復したい!
  5. 筋肉のメンテナンスに役立つ成分は?