皮膚には、日光から身体を保護するバリアの役割があります。日光に含まれる紫外線(UV)は、皮膚に最も大きな影響を与えます。紫外線はその波長によってA波(UVA)、B波(UVB)、C波(UVC)に分類されます。

日光にさらされると皮膚の最も外側の層(表皮)が厚くなり、紫外線を遮断します。メラニン細胞ではメラニンが生成され、紫外線のエネルギーを吸収して、深い部分の組織にまで届くのを防ぎます。すると皮膚が黒くなり、日焼けとなります。
その結果、シワやしみ(色素沈着)やそばかすが出来たり、きめが粗くザラザラになるといった変化が起こり、皮膚の老化が早まります。

日光に対する感受性は、メラニンの量によって異なります。生まれつき皮膚の色が黒い人はメラニンを多くもっているため、紫外線への抵抗力が比較的高いといえます。皮膚のメラニン量は、遺伝的な要因と、最近どのくらい日光を浴びたかによって決まります。ちなみにメラニン色素は人間だけでなく、微生物やキノコにも含まれています。

このように、メラニン色素=シミの原因として捉えられ、敬遠されがちですが、紫外線などから体を守る大切な防衛物質でもあるわけです。もし、メラニン色素がなければ、紫外線が皮膚の奥深くまで到達するため、ちょっと日光を浴びただけで、水ぶくれや炎症が起きてしまうでしょう。これが高じると、皮膚癌などの原因になってしまうのです。

紫外線が最も強いのは、午前10時から午後3時までの日中、地域では海抜の高い場所です。皮膚のダメージや老化を防ぐためには、これらの時間帯や場所をできるだけ避けたほうが良いでしょう。