夏のお楽しみ、高校野球のシーズンがやってきました!この猛暑のなか、長時間にわたって過酷な競技を続けている彼らを見ていると、いくら若いからとはいえ、その強靭な体力と精神力には感服します。それらに込められたドラマが、ファンの胸を熱くするのでしょう。

ところで、野球といえば、毎日長時間トレーニングすることが特徴ですね。なかでも、走り込みのウエイトが多く、ボールに素早く反応するために瞬発力を養うこととともに、持久力の増強も大切です。

しかし、野球の場合、ポジションによって必要とされる能力に大きな違いがあります。ピッチャーは筋力、瞬発力、持久力全てが必要です。そして、外野手は筋力と瞬発力が特に重要であり、飛んできたボールに素早く反応して投げることが大事な内野手に最も必要とされるのは、瞬発力でしょう。
また、バッティングの能力を向上するためには外野手と同じく、筋力と瞬発力の強化が必要です。

栄養面からは、その日の練習内容に応じて、1日単位で組むのが理想的です。また、成長期ですので、栄養不足にならないための配慮も大切です。

1日に複数回のトレーニングをこなしている強化期間は、各練習後にもエネルギー補給を。筋肉の修復と良質な筋肉作りには、特に、たんぱく質(プロテイン、アミノ酸)と炭水化物、中でもグルタミンの摂取が大事です。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B002WB5TO2

グルタミンは、練習開始2時間前くらいに摂取するのが最適です。プロテインやアミノ酸は、運動後30分以内の摂取が推奨されています。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B002WAYZR0

そして、瞬発力向上に威力を発揮するのがクレアチンです。クレアチンも、練習開始2時間前くらいの摂取が有効だと考えられます。新鮮な果物から作ったフレッシュジュースや果汁100%ジュースなどと飲むと、疲労回復に役立つビタミンCも摂れ、一石二鳥です。


▼関連情報

  1. サッカー選手が摂るべき栄養は?
  2. 競技力向上に役立つ栄養は?
  3. 中学生スプリンターが心がけるべきことは?
  4. アスリートの体力増強に必要な栄養は?
  5. ソフトボールに必要な筋力を増やすには?