「食品工業」(株式会社光琳)2010年8月15日号の特集 ―運動と栄養― に、「スポーツ栄養学とサプリメント開発」を執筆しました。食品工業2010年8月号
スポーツを職業にするプロフェッショナル、トップアスリートからジョギングや草野球を楽しむ人まで、総数は一千万人以上にも及びます。スポーツは心肺機能を高め、メタボリックシンドロームを改善し、また身体の抵抗力を高めるなど長所は数多くありますが、疲労や活性酸素対策を充分に行っていないと、大きなケガや障害に結びつくこともあります。普段、準備や予防できることをしっかりと認識し、栄養学的な知識を得ることも重要です。

ここでは、通常の食事では不十分な栄養素に関して、サプリメントとして摂取する方法について解説しました。

食品工業2010年8月15日号―運動と栄養―「スポーツ栄養学とサプリメント開発」
(※クリックするとPDFファイルが開きます)

【特集 ―運動と栄養―】
1. スポーツ栄養学に基づく商品開発/杉浦克己
2. スポーツ栄養科学としてのヘルスフードの研究・開発/矢澤一良
3. スポーツ栄養学とサプリメント開発/幹渉
4. スポーツ栄養学とスポーツ栄養士の活動/橋本玲子
5. 森永製菓ウイダーブランドの事業展開/旭利彦


▼関連情報

  1. 亜鉛はどのくらい摂れば良い?
  2. 会議のまとめ&東京帰着
  3. スポーツ選手にとっての亜鉛は?
  4. 成長期のアスリートが配慮すべきことは?
  5. シーズンインに向けての疲労対策は?