夏は皮脂の分泌量が増えます。また、強い紫外線の影響もあって角質層が厚くなり、その結果毛穴がつまりやすく、ニキビが出来やすいのです。
また、暑さのせいで睡眠不足になったり、夏バテによる栄養の過不足や生活の乱れなどによっても皮脂分泌は増えます。

ニキビは、皮脂が紫外線や空気中の酸素によって酸化され、毛穴が炎症を起こすことでできます。予防するには、アスタキサンチンやポリフェノール、ビタミンCなどの活性酸素消去物質を摂り、疲労物質や老廃物をすみやかに排泄することです。
M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)

あわせて、皮膚の新陳代謝を促し皮脂の分泌を整えるビタミンB2、皮膚の抵抗力を高めるビタミンB6やビタミンAなども一緒に摂ると、相乗効果が期待できます。

もちろん、肌を清潔に保ち乾燥を防ぐことも大事です。ニキビができてしまったら、潰さないよう優しく丁寧に洗いましょう。潰してしまうと跡が残りやすくなり、色素沈着を起こし黒ずみの原因になります。ビタミンCには、毛穴の引き締め作用やシミを薄くするなどの効果もあります。
M&K オーガニックレモングラスエキス アスタキサンチン 化学成分無添加 天然化粧水の素plus)
M&K オーガニック・柚子エキス アスタキサンチン・ウォータージェル 潤い美白


▼関連情報

  1. シミやソバカス、肌老化を防ぐには?
  2. 日焼けの種類と対策
  3. 日焼け対策に役立つ栄養は?
  4. 日焼け(炎症)と一重項酸素の関係は?
  5. 夏の疲労対策のポイントは?