屋外で過ごすことの多い人は、季節に関わらず、紫外線対策が欠かせません。特に、紫外線対策と活性酸素(特に一重項酸素)対策​が必須です。事前・事後のケアを行うことで、炎症等の事故も防げます。

陸上でのスポーツでは日焼け止めに加え、サングラスや帽子を着用したりして色々と対策を行えます。しかし、海やプールでの運動では、ウォータープルーフの日焼け止めを塗るくらいで、外側からの紫外線対策は難しいですね。従って、運動前後のUVケアが非常に大切です。

強い太陽光線(紫外線)に当たることで生じるダメージは、活性酸素によるものです。太陽光線によって発生しやすく、最も生体との反応性が高いのが一重項酸素です。一重項酸素は生体膜のリン脂質やたんぱく質を直接攻撃して肌に炎症をもたらし、体内に疲労物質である過酸化脂質などを蓄積します。

この一重項酸素を強力なパワーで消去し、かつ過酸化反応を抑える働きを持つのが、アスタキサンチンです。肌の状態と身体の健康度は、比例しています。身体の内外からアスタキサンチンを補給することで、相乗効果が得られます。
M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)

次におすすめなのが、ビタミンCとE(トコフェロール)です。これらは、アスタキサンチンと一緒に摂るとよりパワーアップします。

ビタミンCは一重項酸素と同じく反応性の高い活性酸素であるヒドロキシルラジカルを消去するのみでなく、生体内でメラニン色素の合成を抑える機能、コラーゲンの生成を促し、肌にハリを持たせる効果などを持っています。加熱すると壊れやすく、また、水に溶けて損失しやすいため、生のまま食べるかフレッシュジュースで摂るのがおすすめです。ピーマンやパセリ、ゴーヤなど色の濃い野菜のほか、キウイフルーツやイチゴ、柑橘類など、甘酸っぱいフルーツに多く含まれています。

ビタミンEは、活性酸素と脂質との反応によって生じる過酸化ラジカルの有力な消去物質であり、またビタミンCの吸収を助ける力があります。植物油やナッツ、小麦胚芽などに多く含まれています。

アフターケアも重要です。日焼け後はまず日陰に移動し、シャワーなどで冷やし、抗炎症作用や保湿性に優れたもので肌を守りましょう。アスタキサンチンやビタミンC、Eのパワーは、乾燥対策にももちろん有効です。
M&K オーガニックレモングラスエキス アスタキサンチン 化学成分無添加 天然化粧水の素plus)
M&K オーガニック・柚子エキス アスタキサンチン・ウォータージェル 潤い美白


▼関連情報

  1. シミやソバカス、肌老化を防ぐには?
  2. 日焼けの種類と対策
  3. 日焼け(炎症)と一重項酸素の関係は?
  4. ニキビ対策に役立つ栄養は?
  5. 長距離種目の疲労対策と栄養補給は?