練習はしっかりこなしているのに記録がのびないという時は、栄養不足や疲労がしっかり解消されていないことも一因と考えられます。

特に、長距離種目や持久系の競技では、栄養管理をしっかりしないままきついトレーニングを重ねていると、貧血や故障、疲労骨折などを招くことにもなります。

気温と湿度が高い夏期は、上手に疲労を抜くことが大切です。日常的に必要充分量のアスタキサンチンやポリフェノールを摂取していると、疲労の蓄積を防ぐことができます。
M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)

加えて、大量に発汗することで失われるミネラル類(カルシウム、マグネシウム、亜鉛、カリウム、ナトリウムなど)も補給しなくてはなりません。食欲が落ちやすい時期は特に、足りない栄養分をサプリメントで補う配慮も大切です。


▼関連情報

  1. 試合当日のエネルギー補給は?
  2. 筋肉のメンテナンスに役立つ成分は?
  3. 長距離種目の疲労対策と栄養補給は?
  4. トレーニング中のケガを防ぐには?
  5. こむらがえりはなぜ起こる?