魚介類の持つ赤い色の多くは、アスタキサンチンと考えられます。マダイやキンメダイの皮、サケ・マス類の筋肉や卵(イクラ)、エビ・カニ類の甲殻や卵、スケトウダラの卵(タラコ)などの赤い色が、アスタキサンチンです。

海の生き物に広く分布しているのでマリンカロテノイドとも呼ばれますが、魚介類自身が体内でカロテノイド(アスタキサンチンも)を作っているのではありません。自分では作れないため、主に植物プランクトンが作るカロテノイドを、直接あるいは、動物プランクトンや小さい魚介類を経由して間接的に餌として体内に取り込み、自分達の都合の良い場所に、都合の良いかたちで蓄えているのです。

この他にも、現在、健康食品に広く使われている微細藻類の一種、ヘマトコッカス(クロレラなどの仲間)、赤色酵母ファフィアや海洋性細菌にもアスタキサンチンを作って貯めるものもあります。特にヘマトコッカスは、非常に大量にアスタキサンチンを作るため、サプリメントの原料として最適です。
M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)


▼関連情報

  1. 故障期に行うべきこと、補うべき栄養は?
  2. アスタキサンチンの働きとその発見は?