これから夏にかけて、紫外線量が増えてきます。ところで、日焼けには2種類あることをご存じでしょうか?
 
1つは、炎症をもたらすサンバーンです。まず皮膚が赤くなり、少し経って痛みがきます。これは、UVBが表皮を透過することが原因です。

一方のサンタンは、UVAがメラノサイトに働きかけ、色素沈着が起こります。これは、身体に含まれるチロシナーゼ(酵素)が活性化されてメラニンが合成されることが原因で起こります。シミやソバカスとなるだけでなく、真皮深部まで到達するとシワやタルミともなり、老化を促進します。特にUVAは、目を閉じていても瞼を通過しチロシナーゼを活性化するほか、水晶体にも悪影響があると考えられていますので、サングラスが非常に効果的です。
 
外出後は身体を冷やし、アフターケアをしっかりと行いましょう。ターンオーバーによってメラニン色素は排出され、シミやソバカスも徐々に薄くなります。日焼け後のダメージ肌はアスタキサンチンやビタミンCが入ったもので保護すると良いでしょう。浮いてきた皮膚を無理にむくのは厳禁です!

私が設計した「M&K オーガニック・柚子エキス アスタキサンチン・ウォータージェル 潤い美白」には、美白成分アルブチンと、保湿成分マリンコラーゲンを配合しています。

アスタキサンチンが紫外線ストレスから肌を守り、疲労を回復します。アロエ・ナッツピール・ウコギ・ローズマリーなどの植物エキスが保湿や抗炎症・肌荒れの予防に、マリンコラーゲンがシワの予防に役立ちます。


▼関連情報

  1. シミやソバカス、肌老化を防ぐには?
  2. 日焼け対策に役立つ栄養は?
  3. ニキビ対策に役立つ栄養は?
  4. 日焼け(炎症)と一重項酸素の関係は?
  5. シーズン中、口内炎が出来やすいのですが?