皮脂が紫外線や空気中の酸素によって酸化され、毛穴(毛包)が炎症を起こすとニキビができます。
酸化された皮脂は遊離脂肪酸に変化し、さらに酸化が進むと過酸化脂質へと変化します。その結果、炎症が起きて赤くなったり、膿がたまったりします。

また、ホルモン分泌の乱れや睡眠不足、食生活のアンバランス、ストレスなどによっても皮脂分泌が増え、ニキビを引き起こすことがあります。このように、ニキビ・肌荒れにはさまざまな要因がありますので、複合的な対策が必要となります。

  1. 抗酸化物質を摂る
  2. 肌を清潔に保つ
  3. 生活習慣を改善する
  4. 疲労やストレスをためない

1. は、活性酸素を効率良く消去するための成分です。過酸化脂質など老廃物の生成を抑制し、ニキビや肌荒れの予防・改善に働きます。
特にアスタキサンチンは、体内時計を調節する作用とともに、不規則な生活によって生じる疲労やストレスを軽減する効果もあります。活性酸素とトータルに闘うために、ポリフェノール類との併用がおすすめです。

M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)
M&K&山形大学100%植物サプリ ポリフェノールC90粒入(米沢産ヒメウコギ・沖縄産秋ウコン・アセロラ)


▼関連情報

  1. ニキビ対策に役立つ栄養は?
  2. 活性酸素を消去するには?
  3. 長距離種目の疲労対策と栄養補給は?
  4. 肝機能と疲労の関係は?
  5. できるだけ早く疲労を回復したい!