疲労は、身体にとって生命と健康を維持する上で重要な信号のひとつであり、精神的・身体的に負荷がかかった際に、一時的にパフォーマンスが低下した状態と定義できます。これには多くの要素が関わっていますが、活性酸素による生体膜障害も原因の一つです。

過剰な活性酸素によって酸化ストレスを受けると、細胞機能やATP産生能が低下します。十分に栄養を摂っているにもかかわらず疲労が抜けないという人の場合、この酸化ストレスによる筋細胞あるいは神経細胞へのダメージにより、疲労が引き起こされているものと思われます。

この場合は、アスタキサンチンなどのカロテノイド類や、ポリフェノール類、ビタミンCなど活性酸素消去に役立つ成分を摂ることで、疲労の度合いを軽くする、あるいは素早く疲労から回復することが可能となります。
M&K アスタキサンチンE(天然アスタキサンチン&ビタミンE)
M&K&山形大学100%植物サプリ ポリフェノールC90粒入(米沢産ヒメウコギ・沖縄産秋ウコン・アセロラ)

当然のことながら、食事により十分なエネルギーの摂取が行われないと、疲労しやすくなります。加えて、身体のバランス維持も重要です。バランス維持の働きを促進するのは、ビタミンB群です。

筋肉疲労に対しては、グルタミンの摂取が有効です。グルタミンは筋肉中に存在する遊離アミノ酸の60%以上を占める、タンパク合成に寄与するなど非常に重要な栄養成分です。
M&K エイムサプリメント リカバー(L-グルタミン・タウリン・コエンザイムQ10配合) (1包)


▼関連情報

  1. 運動による疲労を防ぐには?
  2. ジュニアアスリートが疲労を軽くするために必要な栄養は?
  3. 試合後の食事のポイントは?
  4. 長距離種目の疲労対策と栄養補給は?
  5. 食べる量が変わらないのに体重が減ってきたのですが?