ポリフェノールは、植物に多く含まれる成分です。通常、一つの植物に、十種類以上のポリフェノールが含まれています。4千種類が知られていますが、特に赤ワインやココアのポリフェノールが有名ですね。

ポリフェノールは2つ以上のものが簡単に結合して、大きな分子になります。
小さなもののうち代表的なものとして、お茶に含まれるカテキン、コーヒーに含まれるクロロゲン酸、ソバに含まれるルチン、秋ウコンの主成分であるクルクミンなどを挙げることができます。
また、山形県置賜地方特産のヒメウコギには、クロロゲン酸やルチンなど、良質のポリフェノールが豊富に含まれています。

M&K ウコギ・柚子エキス配合 アスタキサンチン・ウォータージェル 潤い美白(50mlエアレスボトル)

一方、分子量の大きなものとしては、ワインポリフェノール、フラバンジェノールなどを挙げることができます。これらのうち大部分は、スーパーオキシド(活性酸素の一種)の消去物質として重要です。


▼関連情報

  1. アルブチンの美白効果とメカニズムは?
  2. ニキビ対策に役立つ栄養は?
  3. シミやソバカス、肌老化を防ぐには?
  4. 試合後の食事のポイントは?
  5. ポリフェノールで花粉症は軽くできる?