クレアチンは肉や魚など、多くの食品に含まれています。しかし、含有量は1kg当たり5g程度と多くないため、運動量の多い方やアスリートの場合では、必要量を満たすことができません。

クレアチンはアミノ酸の一種で、その95~98%は骨格筋に貯えられます。運動時、クレアチンの働きで最も重要なのが、無酸素的に筋肉中のATP(アデノシン2リン酸)を再合成することです。筋肉はATPが分解して、ADP(アデノシン2リン酸)になる際に発生するエネルギーを使い、筋肉を動かします。エネルギー源としてのATPは、特にスプリント系の運動で重要です。

筋肉中にクレアチンリン酸が充分にあると、瞬発的な運動を繰り返しても運動能力がほとんど低下せず、パワーの向上につながることが知られています。運動の2時間以上前に、サプリメントで摂るのが有効です。
M&K エイムサプリメント ヴィクトリー(グルタミン・クレアチン)


▼関連情報

  1. 競技力向上に役立つ栄養は?
  2. アスリートの体力増強に必要な栄養は?
  3. 成長期のアスリートが配慮すべきことは?
  4. サッカー選手が摂るべき栄養は?
  5. 筋肉に対するクレアチンの働きは?