日焼けによるストレスや紫外線によって、体内では活性酸素が発生します。そのとき、メラノサイト中ではメラニン生成の原因となる酵素チロシナーゼの働きが活発になります。

また、チロシナーゼは活性酸素によっても活性化されます。チロシナーゼはアミノ酸の一種であるチロシンを酸化し、結果的にメラニンが作られます。これが、シミやソバカスの原因となるわけです。

チロシナーゼに直接作用し、美白効果を発揮する成分として近年多く使われるようになったのが、アルブチンです。アルブチンはコケモモや梨、ウワウルシなどの植物に含まれている天然型フェノール性配糖体です。チロシナーゼの働きを抑制し、メラニン合成を抑える働きがあります。

M&K アスタキサンチン・ウォータージェル アルブチン配合 潤い美白